サプリメンテーションガイド

2021/04/12

炭水化物の摂取タイミング〜アスリートの武器 ヴィターゴ

炭水化物の摂取タイミング〜アスリートの武器 ヴィターゴ

https://www.instagram.com/p/CNjDcxHhWge/?igshid=61qh4vae9ndx

 

持久力系アスリートは特に運動前のエネルギー摂取に気を遣います。
その理由は、身体に蓄えられているエネルギー源に限りがあることをよく知っているからです。
限りあるエネルギー源ですが、どのようなエネルギー源がどれくらい蓄えられているかによって、持久力競技の結果は大きく左右されます。

具体的にどのような食事が運動前に摂取されているのでしょうか。
たとえばよくある、糖濃度の高いエネルギー飲料、バナナ、ゆでただけのパスタや塩をまぶしただけのおにぎりなどです。
これらの食品に共通していることは、いずれも比較的GI値が高い食品であるという点です。

GI値とは食物が体内に入って血液に溶け込むまでの速度を指標にして示した数値であり、ここに紹介した食品はGI値が高い、すなわち、体内で血糖値を短時間で高める性質があるのです。

もともとGI値は、糖尿病治療の研究中に、食品による血糖値上昇に違いがある事を発見したことに基づいて作られた指数です。
インスリンの分泌不全の症状を持つ糖尿病患者にとって、急激に血糖値を上昇させてしまうような食品は、インスリンの投与が必要になるためタブーなのです。
なお、日本では全人口の約1/4が糖尿病などの生活習慣病の予備軍と言われていて、血糖値を急速に高めないようなGI値の低い食品を摂取することや、GI値の低い食品を知っておくことは、糖尿病患者のみならず、多くの私たちにとって有用なのです。

アスリートの場合、運動前にGI値の高い食品を食べることで、血糖値を短時間で一気に高めることができます。
そうして上昇した血糖値は、運動に必要とされるエネルギー源として消費されていくため、持続性のある運動や長時間の運動を行なうなら、事前に血糖値を十分に高めておくことが有用なのです。

ただし、気をつけなければならないことがあります!それは高GI炭水化物の摂取タイミングです!!

なぜなら、血糖値を上昇させると、それに反応して膵臓からたくさんのインスリンが分泌され、インスリンによって血液中の栄養素が全身の細胞に積極的に運搬され、細胞の肥大をもたらすことになるからです。
栄養素が運搬されるのが筋肉の細胞(筋線維)であれば問題はないのですが、そう都合よく運搬先を決めることはできないものなのです。
当然 栄養は脂肪細胞にも運搬され、脂肪細胞の肥満をも招くことになるのです。これはありがたくない事です!アスリートじゃなくても避けたいことです!

そこでインスリンの分泌を過剰に反応させない「低炭水化物食法」が人々の間で流行し、アスリートのみならず、一般の人たちの中にも炭水化物の摂取を限界まで制限する人たちが出てきたのです。
こうしていつしか、炭水化物は悪者扱いされるようになり、極端な人では「運動前ですら炭水化物をほとんど食べない」ようになってしまいました。
ですが、炭水化物は身体の中でブドウ糖にまで分解され、そのブドウ糖がエネルギー源として消費されるのです。

つまり、炭水化物を極度に制限すれば、十分なエネルギーを得ることはできないのであり、

エネルギー不足は筋力不足、持久力不足、瞬発力不足へとつながり、結果的に競技能力に著しい悪影響を及ぼすことになるのです。

重要なのは炭水化物の摂取タイミング』なのです!
運動の前後や運動の最中には高炭水化物食は有用ですが、それ以外の時間帯では低炭水化物食にすることなのです。
この程度の使い分けは誰にだってできることなのに、人によっては、最初から最後まで「絶対的に低炭水化物」を貫こうとすることです。
「炭水化物によるインスリン分泌」を過剰なまでに警戒しているのであり、運動前にエネルギーレベルを高めたり、運動中に高いエネルギーレベルを維持したり、あるいは運動直後に枯渇したエネルギーを補給して疲労回復を促したりするための炭水化物すら“悪魔”だと誤解してしまっているのです。

アスリートなら、エネルギーを高めるタイミングを見極めて、そのタイミングにエネルギー源となる炭水化物を補給することが必要です!

見極めと適切な対処が結果を左右するのであり、特に僅差で戦うときなどは、些細なことが勝ち負けを決定します。

摂取のタイミングさえ誤らなければ、高炭水化物の食事はアスリートの武器になるのです!

素手で戦うより、武器を持っていた方が強いのであり、その武器が優れていればいるほど、アスリートは戦いを勝ち抜くことができるのです。
更に、武器となる炭水化物には様々なものがあり、その種類の違いによって、アスリートの身体や能力に、明確な差を生み出すのです。

『炭水化物は悪ではない。』
まずはこの点を今一度見直していきましょう♪

 

◆『アスリート』に理想の炭水化物◆

⚫︎胃を素早く通過するもの

⚫︎極めて短い時間にてエネルギー源として血液に送り込まれるもの

⚫︎浸透圧が低いもの

上記の3つの条件を全て満たす炭水化物、

それが『ヴィターゴ』なのです。

ヴィターゴ アスリート

⚪︎運動前にエネルギーレベルを負担なく高めることができ

⚪︎運動中にお腹の具合がおかしくなったりして体調不良に陥る心配もなく

⚪︎運動後は枯渇したエネルギーを素早く補給して疲労回復を促すことができるわけです。

 

ヴィターゴ  (トレーニング前 中 に摂取)

胃の通過、腸での吸収が非常に速い→速攻吸収!

(ブドウ糖、マルトデキストリンに比べ約2倍速い)

血糖値が上昇し、

栄養を筋中へ取り込もうとインスリンホルモン(取り込みホルモン)が

他の糖質に比べ多く分泌!!

パワーダウンすることなくトレーニングに専念できます!

 

 

リカバーエネルギー  (トレーニング後 に摂取)

◎プロテインをミックスして飲むことも考慮して、タンパク質の消化吸収を助けてくれる『ブロメライン』が入っています!!

「パインアップル加工品 = ブロメライン」

◎そして

運動後の筋肉痛や関節の痛みを軽減したりする効果も期待できます!

◎また『リカバーエネルギー』にはオリゴ糖やラクトバチルスも配合されているので、腸内の善玉菌を増やしたり~と、腸内環境も改善してくれます!

腸内環境を改善することは、高タンパク質食を心がけている人にとってはとても重要☆

高タンパク質を摂取している人たちは腸の状態が、悪くなりやすく、

便秘やお腹を下したり、ガスが溜まりがちですが、

『リカバーエネルギー』はそういった腸内環境についても十分考慮されているのです!

 

アレコレとサプリを揃えなくても

オールインワン!!な『リカバーエネルギー』ひとつでOK!